丸亀選手の練習メニューを直撃しました

前回、丸亀光選手の日頃のお仕事についてお伝えしました。今回は、ボクシング・仕事が両立した生活を送る丸亀選手の練習メニューについて。

ーーまずは一週間のスケジュールから教えてください。
丸亀(以下、丸): 月曜から土曜まで練習を行ないます。日曜日は完全オフ。

ーー練習する日は、朝6時に起きてジョギングするという話ですが、1回で何キロくらい走るんですか?
丸: あまり決めていないんですが、5kmくらいですかね。7km走るときもあります。

ーーどれくらいの早さで走るんですか?
丸: 朝のジョギングは、5kmを18分前後で走るくらいのスピードです。7kmでも大体30分以内には走り切りますね。

ーー早い……さすがプロボクサーですね。そして仕事が終わってからまた練習。
丸: はい。ロープ(縄跳び)から始まって、シャドー、ミット打ち、サンドバッグ……とやっていきます。

ーーロープはどれくらい飛ぶんですか?
丸: ロープはリズム感を養うために大切なトレーニングです。大体3ラウンドくらい飛びます。

ーー3ラウンド?
丸: はい、試合に合わせて1ラウンド3分単位で時間を計っています。

ーーなるほど。リズムとともに試合の時間感覚を体に刻むんですね。

<夜の練習メニュー>
■通常
ロープ(縄跳び): 3ラウンド
シャドー: 3ラウンド
ミット打ち: 6〜8ラウンド
サンドバッグ: 3ラウンド
クールダウンのシャドー: 3ラウンド
基礎トレーニング: 腹筋200回、背筋100回など

ーースパーリングなどはしないんですね。勝手なイメージで必ずやるものだと思っていました。
丸: 通常の練習メニューには、試合形式のトレーニングはしません。基礎トレーニングは状況に応じて内容を変更します。

_68T3905

ーー試合前になると、練習メニューはどんな風に変化しますか?
丸: トレーニングが一番厳しくなるのが、試合の1ヶ月前です。またこの時期には、対戦相手の特徴に合わせて、他ジムへ出稽古に出て、試合感を養っていきます。この時期に減量もスタートします。

ーー出稽古はどれくらいやるんですか?
丸: 対戦相手の特徴や相手ジムの要望に合わせて、2、3カ所のジムに行きます。1カ所あたり、5、6回ほど通いますね。

ーー減量中はどんな食事を?
丸: 夜は炭水化物は取らず、野菜や納豆、豆腐、プロテインを摂取します。昼食は普段通りですね。

■試合1ヶ月前の練習メニュー(出稽古)
シャドー: 3ラウンド
スパーリング: 6〜8ラウンド
サンドバッグ: 3ラウンド

ーー試合前最後の試合はいつですか?
丸: 試合前最後の練習は2日前です。

ーーどんな練習を?
丸: 体重が絞れているときはストレッチのみで終了することもあります。体重が絞れていない場合には、ダイエットスーツなどを着込んでシャドーやミット打ちをやります。

20150708-800_5429

■試合前最後の練習(体重の増減に応じて内容は調整)
ロープ:3〜4ラウンド
シャドー:3〜4ラウンド
ミット打ち: 6ラウンド

ーー練習は好きですか、嫌いですか?
丸: どちらかといえば嫌いです。(練習は)もう何年も繰り返している作業です。ボクシングを始めた初期のように急激な成長で喜ぶ時期は、とっくに過ぎました。僕にとってボクシングは、好き嫌いの次元を超えた仕事です。勝つことが仕事ですから、勝つために練習をします。だからといって練習をマンネリ化させているわけではありません。

ーー毎回工夫している。
丸: そうです。シャドー一つにしても“こういう打ち方をやってみよう”“もっと足を動かしてみよう”と、課題を作って取り組んでいます。減量時も、なるべくポジティブなことを見つける工夫をしています。“痩せて顔つきがスマートになってる!”“腹筋がバキバキに割れてカッコいい!”とか。どんな大変な作業でも、何かしら楽しみが見つかると思います。

以上、丸亀選手の練習メニューでした。次戦は10月19日。S・バンタム級日本ランク4位のジョナタン・バァト選手(カシミボクシングジム所属)との対戦を控える丸亀選手。応援しています!

丸亀光選手オフィシャルサイト